庄野歯科インプラントセンター

特殊なインプラント治療

オーバーデンチャーが
総入れ歯の悩みを解消します

オーバーデンチャー

ホーム > オーバーデンチャー

オーバーデンチャーが
ADLやQOLの向上につながります

歯がない方にとって、入れ歯はADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)の向上につながる歯科治療の一つです。しかし、その一方で、入れ歯にはADLやQOLを落としかねない要素が多く存在することから、日頃から「もっと使い勝手のいい入れ歯があればいいのに…」と感じている方は多いのではないでしょうか。

そのような、総入れ歯をお使いの方のお悩みを解消する方法として、「インプラントオーバーデンチャー」があります。

総入れ歯の
メリット・デメリット

総入れ歯は、保険がきくため治療費を安く抑えられるほか、治療期間が短く済むということもあり、多くの方に選ばれています。しかし、いざ総入れ歯にしてみたものの、次のようなお悩みを持つ方は多くいらっしゃいます。

入れ歯
総入れ歯のお悩みベスト5
  • 1.硬いものが噛めない
  • 2.外れやすい
  • 3.すぐに合わなくなってしまう
  • 4.ずれると痛い
  • 5.しゃべりにくい

このような理由から、「食事をおいしく食べられない」「会話が楽しめない」「見た目が気になる」など、入れ歯について不便だと感じている方は少なくありません。さらに、しっかり噛めないせいで、胃腸に負担がかかったり、誤嚥しやすくなったりと、健康に大きな影響を与えることがあります。

インプラント
オーバーデンチャーとは

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、顎の骨に埋め込んだインプラントと呼ばれる人工歯根を土台にして、総入れ歯を装着する治療法です。見た面は、通常の総入れ歯とあまり違いはありませんが、外科手術で2~4本のインプラントの埋入し、アバットメントと呼ばれる部品を使って義歯を固定することにより、高い安定感が得られるのです。

さらに、簡単に取り外しができるため、総入れ歯と同じように清掃が可能なほか、インプラントを埋め入れる本数が少ないことから、患者様へのご負担が軽減されます。
インプラントオーバーデンチャーには、通常の総入れ歯にはない次のような利点があります。

インプラント
オーバーデンチャーの
メリット
  • しっかりと噛める
  • ずれたり外れたりしにくい
  • 話の邪魔にならない

オーバーデンチャーは
3つの固定方法から選べます

オーバーデンチャーを顎の骨に固定するためには、磁石を使った方法が一般的ですが、そのほかに、顎の骨に埋め込んだインプラントに装着するアバットメントの形状ごとに、次のような3つのタイプがあります。

1ボール・アバットメント

ボール状になっているアバットメントの先端を、義歯に開けられた穴にはめ込んで固定するタイプです。

2ロケーター
アバットメント

ボタンのような形状のロケーターと呼ばれる部品の先端を、義歯に開けられた穴にはめ込んで固定するタイプです。

3バー・アバットメント

インプラントとインプラントに間をバーと呼ばれる部品でつなぎ、義歯に作った溝にバーをセットして固定するタイプです。

オーバーデンチャー治療の
注意点

インプラントと義歯を
清潔に保ちましょう

顎の骨に埋め込んだインプラントの清掃が不十分だと、インプラント体の周囲で細菌が増殖することにより、周囲組織で炎症が起こる「インプラント周囲炎」を発症する恐れがあります。また、汚れた義歯を装着していると「義歯性口内炎」が起こりやすくなるため、日常的にしっかりと清掃を行うことが大切です。

定期的なメンテナンスが必要です

インプラント周囲炎は、歯周病と同じように自覚症状がほとんどないため、定期的に受診して、メンテナンスを受けていただく必要があります。メンテナンスでは、インプラントのぐらつきや歯肉の腫れ・出血などの口腔内のチェックのほか、レントゲン検査、専用の機械を使ったクリーニングなどを行います。

インプラントのリスクを
減らしましょう

インプラント周囲炎のほかに、インプラントのリスクを高める全身的な要因として、喫煙や糖尿病、貧血などがあります。治療前のカウンセリングでは、担当医からリスクについてきちんと説明を受け、当てはまるリスク因子をお持ちの場合は、手術までに可能な限りリスクを取り除いておきましょう。

静脈内鎮静法が
手術の不安を軽減します

インプラントの手術に不安を感じる方には「静脈内鎮静法」がおすすめです。静脈内鎮静法とは、静脈から鎮静剤を投与することにより不安や緊張を和らげる麻酔法で、ウトウトしたような状態で治療が受けられるのが特徴です。当院では、麻酔医が治療中の患者様の全身管理を行うため、安心して治療を受けていただけます。

総入れ歯でお悩みの方は、お気軽に当院までご相談ください。

インプラントMENU

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました