庄野歯科インプラントセンター

インプラントの特徴

インプラント・ブリッジ・
入れ歯の長所と短所

インプラントのデメリット

ホーム > インプラントのデメリット

インプラントのメリット・
デメリット

どんな歯科治療にも、メリットがあればデメリットもあります。歯を失った場合に行われる治療には、インプラントのほかにブリッジや入れ歯がありますが、それぞれに長所や短所があるため、どれにしたらいいのか悩んでいるという方は多いことでしょう。

インプラントにしたいけれど迷っている場合は、治療の特徴を理解した上で、インプラント治療が自分に合っているかどうか検討するのが一番です。

インプラント・ブリッジ・
部分入れ歯の比較

インプラントの特徴を知るために、まずはインプラント、ブリッジ、入れ歯のそれぞれの特徴を比較してみましょう。

  インプラント ブリッジ 部分入れ歯



  • 咀嚼力が高い
  • 他の歯に負担をかけない
  • 見た目が天然歯に近い
  • 骨吸収が抑えられる
  • 健康保険が適用される
  • 治療期間が短い
  • 違和感が少ない
  • 健康保険が適用される
  • 治療期間が短い
  • 取り外して洗浄することができる




  • 健康保険の適用外
  • 外科的な手術を行う
  • 治療期間が数か月に及ぶ
  • 骨量不足だと受けられない
  • 隣の健康な歯を削る必要がある
  • 土台になる歯への負担が大きい
  • 歯がない部分の骨が痩せる
  • 治療部分が虫歯になりやすい
  • バネ(金具)が目立つ
  • 土台になる歯への負担が大きい
  • 歯がない部分の骨が痩せる
  • 合わなくなると痛みや違和感がある
  インプラント ブリッジ 入れ歯
  インプラント



  • 咀嚼力が高い
  • 他の歯に負担をかけない
  • 見た目が天然歯に近い
  • 骨吸収が抑えられる




  • 健康保険の適用外
  • 外科的な手術を行う
  • 治療期間が数か月に及ぶ
  • 骨量不足だと受けられない
  インプラント
  ブリッジ



  • 健康保険が適用される
  • 治療期間が短い
  • 違和感が少ない




  • 隣の健康な歯を削る必要がある
  • 土台になる歯への負担が大きい
  • 歯がない部分の骨が痩せる
  • 治療部分が虫歯になりやすい
  ブリッジ
  部分入れ歯



  • 健康保険が適用される
  • 治療期間が短い
  • 取り外して洗浄することができる




  • バネ(金具)が目立つ
  • 土台になる歯への負担が大きい
  • 歯がない部分の骨が痩せる
  • 合わなくなると痛みや違和感がある
  入れ歯

インプラントと、ブリッジ、入れ歯の違いが分かったところで、次にインプラントのメリットとデメリットについて具体的に解説していきます。

インプラント

インプラントのメリット

インプラントは、埋め入れる本数や上部構造の形状を変えることで、患者様のお口の状態に合ったさまざまな治療を提供することができます。

自分の歯のような噛み心地

インプラントは、咀嚼力が天然歯に最も近いという特徴があります。インプラントを顎の骨に埋め入れることで、周囲の骨組織と結合するため、まるで自分の歯のようにしっかりと噛めるようになるのです。

単独植立ができる

インプラントは、歯の欠損部分にネジ状になっているインプラント体を埋め入れることから、1本からでも治療が可能です。そのため、ブリッジや部分入れ歯のように、周囲の歯に負担をかける心配もありません。

審美性が高い

保険適用のブリッジや入れ歯の治療に使われるプラスチックには、変色が見られるのが特徴ですが、インプラントの上部構造には、ジルコニアなどの審美性の高い素材が使われているため、自然歯のように仕上がります。

骨が痩せるのを防ぐ

長期間、歯がない状態が続くと、骨に刺激が伝わらないため、骨代謝が悪くなって骨吸収が進んでしまいます。インプラントを埋入することで、噛むたびに骨に刺激が伝わって骨の吸収を防ぐことができます。

インプラント

インプラントのデメリット

治療にかかる費用が高額になる

健康保険が適用されるブリッジや入れ歯に対して、高額な材料や高度な技術が必要とされるインプラントは保険治療の対象となりません。全額自己負担になるため、治療費が高額になってしまいます。

埋入するための手術が必要

インプラントを埋め入れるためには、歯肉を切開してドリルで埋入孔を形成する必要があるため、外科手術は不可欠です。ただし、高血圧や心疾患、糖尿病などの全身疾患があると術中の管理が難しくなります。

治療期間が長い

インプラント治療では、インプラント体に使われているチタンという金属が、歯の組織と結合することによって根付きます。インプラントを埋め入れてから結合までに3~6ヶ月ほどかかります。

十分な骨量がないと受けられない

インプラントは単独植立が可能な反面、埋め入れる骨量がないと埋入することができません。しかし、場合によっては、骨造成を行うことによって、インプラント治療が可能となるケースもあります。

インプラントにするとMRIが受けられなくなるのは嘘?!


MRIは磁石と電波を使って画像を作り出すため、インプラントを埋め込んでいるとMRIが受けられないのでは?と思われるかもしれませんが、インプラント体に使われているチタンは非磁性の金属のため、特に検査への影響はありません。
ただし、磁石のアタッチメントが付いたインプラントオーバーデンチャーをお使いの場合は、画像に影響を与える可能性があるため、事前に歯科医師にご相談ください。

治療中の院長

インプラント治療はQOLやADLの向上に
つながります

歯がない状態が続くと、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)に影響を与えることが分かっています。

歯には「噛む」ほかに、「話す」「表情を作る」「バランスを保つ」「脳に刺激を与える」等の役割があることから、歯がないと見た目に影響するだけでなく、食事や会話を楽しめなくなるため、外出や人との食事の機会が減るという傾向が見られます。さらに、残存歯が20本以下の状態で過ごしていると、転倒や認知症のリスクが高くなってしまいます。

そのため、何らかの原因で歯を失った場合はそのまま放置せず、インプラントで歯の欠損を補うことが大変重要なのです。

インプラントMENU

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました