庄野歯科インプラントセンター

失敗しないために

インプラントの相場

インプラントの相場

ホーム > ドクターコラム > インプラントの相場

インプラントの相場と
インプラント治療が

格安で行われている理由

インプラントは保険が適用となりませんので、歯科医院によって治療費が異なります。歯医者が独自に料金を決定できるのです。

しかし「1本15万円」とうたっている格安インプラントもあれば、1本50万円で治療を行っている医院もあります。なぜ、これほどまでに値段が違うのでしょうか。

インプラントの
相場

インプラントの費用相場は、首都圏などの都市部では一般的に1本35~45万円といわれていますが、地域による違いもあり、地方では少し安くなっています。

しかし、インプラント治療にかかる費用は、口の中の状態や治療部位によって異なります。顎の骨の量が不足している場合には、骨量を増やす治療が必要になりますし、前歯治療では歯肉を移植しなければならないケースも少なくありません。インプラントの費用相場は、追加の治療などが必要ないケースの値段の目安です。

インプラント

インプラントが「格安」でできる理由

「1本15万円」とうたった格安インプラントに比べると、費用相場はとても高く感じるかもしれません。しかし、質の高い安全な治療を行うためには、コストもかかります。例え安く治療を受けられても、治療が失敗してしまうと辛い思いをするだけでなく、再治療費などがかかり、かえって相場より総額が高くなる可能性があるでしょう。

インプラントの費用も気になるところですが、費用重視で歯科を選ぶのではなく、安全性や治療の質も考慮して歯科医院を選択する必要があるでしょう。 インプラント治療を相場よりも大幅に安くできる理由には、主に次のようなものが考えられます。

1. 設備や機器にかけるコストをカットしている

設備や機器それ自体が治療を行う訳ではありませんが、安全性や確実性を高めるためには必要不可欠です。今やインプラント治療において、CTスキャンによる検査は欠かせません。実際に起きているインプラント治療の失敗のなかには、CT撮影を行うことで避けられたであろう事例もあり、より安全な治療を目指すならば必要な機器といえます。

歯科CTに限らず、生体情報モニターや滅菌器、専用手術室にカウンセリングルーム…快適で安全な治療のために必要な機器は多数あります。格安インプラントは、このような設備・機器にかけるコストをカットしている可能性があるでしょう。

2. 勉強会やセミナーへの参加をしていない

医師だけでなく、インプラント治療に携わる全てのスタッフがスキルアップしていくことが、質の高い治療には欠かせません。そのための勉強会やセミナーへの参加は、大変重要です。しかし、勉強会や研修会への参加にも、やはり費用がかかります。

インプラント治療の費用を抑え、格安にするためには、このようなスキルアップにかけるコストを削っている可能性があるでしょう。

3. 表示されている費用は一部でしかない

「インプラント1本15万円」の中には、インプラントと人工歯費用、手術費用しか含まれていないなど、希望する治療に必要な全ての費用が含まれていない可能性があります。

「静脈内鎮静法を併用したい」「人工歯の素材はオールセラミックがいい」など、インプラント治療に対する希望があると思いますが、別途費用として加算されるかもしれません。

4. 十分な保証がついていない

インプラントは、寿命が長く、長期で使っていける治療法です。しかし、何らかのトラブルで人工歯が破損したりする場合もあります。このような場合に、保証があれば無償で再治療が受けられますが、保証がなければ、再治療費がかかってしまいます。安く済ませたつもりが、十分な保証がないことで、高くついてしまうかもしれないのです。

また、インプラントの保証は、人工歯の保証と人工歯根の保証の期間が異なる場合がありますので、しっかり確認することが大切です。

5. 一人ひとりの治療に時間をかけない

格安でインプラント治療を行うのですから、多くの治療をこなさなければ、経営の面で困難となります。時間をかけず、多くの患者さんの治療を行っている可能性があるでしょう。時間のかかる難度の高い治療を避け、簡単な治療をたくさん行っているかもしれません。

6. インプラントの質が良くない

インプラントメーカーは多数あり、メーカーの違いでインプラントの質も大きく違っています。格安インプラントは、安いインプラントを使用している可能性があるでしょう。原価を抑えているため、治療費も安くできます。

インプラントメーカーには、歴史や信用のあるメーカーもあれば、実績もなく粗悪なメーカーもあります。体内に埋め込むものですから、どんなものが埋め込まれるのかを知っておく必要がありますし、長持ちする質の高いものを選ぶべきです。

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました