庄野歯科インプラントセンター

インプラントの特徴

1回法と2回法の
治療の流れの違い

治療の流れ

ホーム > 治療の流れ

カウンセリングから
手術までの治療の流れ

インプラントの手術を行うためには、しっかりとした準備と患者様に合った方法を選ぶ必要があります。特に、インプラント治療では、他の歯科治療よりも治療にかかる期間が長いことから、手順を把握しておくことが大切です。

患者様がご来院してから手術を行うまでに、どのような手順で検査を進めるのか、また、インプラント手術の特徴をご理解いただくために、1回法と2回法の2つの方法の流れについて解説します。

ご来院から手術までの流れ

患者様がご来院されましたら、インプラントの治療を行うために次のような準備を行います。

STEP01カウンセリング

患者様からお口についてのお悩みや気になっていることを伺います。また、喫煙や生活習慣のほか、糖尿病、貧血、骨粗しょう症などの、治療の妨げとなる全身疾患の有無などを確認します。

STEP02歯科用CT
レントゲン撮影

レントゲンや歯科用CTで撮影した画像をもとに、インプラントを埋め入れる部分の骨量や骨質、周囲を走行している神経や血管の位置などを確認します。

STEP03口腔内のチェック

インプラントを埋入する周囲の歯の状態のほか、噛み合わせなどをチェックします。そのほかに、必要に応じて、虫歯や歯周病の治療、プラークコントロールなどを行います。

STEP04治療計画の作成

これまでに行ったカウンセリングや検査結果をもとに、治療計画を立てていきます。その後、作成した計画について、画像等を使って患者様に分かりやすくご説明します。
インプラントを埋入するための準備が整ったら、いよいよ手術の開始です。インプラントの埋入手術は、インプラント体の埋入→アバットメントの装着→上部構造の装着の順に行います。手術を行う際は、患者様のお口の状態に合わせて、1回法と2回法のいずれかの方法を選びます。

1回法の手術の流れ

1回法は、1回の手術のみで治療を行う方法です。手術は次のような流れで進めていきます。

STEP01インプラントの
埋入

歯肉を切開後、顎の骨にインプラント体を埋め込み、ヒーリングアバットメントと呼ばれる仮のアバットメントを装着します。
その後、ヒーリングアバットメントの先端が歯肉から露出した状態で縫合し、3~6ヶ月ほどインプラント体が骨と結合するのを待ちます。

STEP02上部構造の装着

ヒーリングアバットメントをアバットメントに付け替えて、型取りを行います。上部構造が完成したら装着し、噛み合わせなどを調整します。
インプラント手術の1回法には次のような特徴があります。

1回法の特徴
  • 1回法に比べて治療期間が短い
  • 手術の回数が少ない
  • 2回法よりも感染症のリスクがある

2回法の手術の流れ

2回法は、2回に分けて手術を行う方法です。手術は次のような流れで進めていきます。

STEP01インプラントの
埋入(一次手術)

歯肉を切開後、顎の骨にインプラントを埋め込み、カバースクリューと呼ばれる仮の蓋を装着します。その後、歯肉でカバースクリューを覆った状態で縫合し、3~6ヶ月ほどインプラント体と骨の結合を待ちます。

STEP02ヒーリングアバットメントの装着(二次手術)

インプラントを埋入した部分を再び切開し、カバースクリューを外してヒーリングアバットメントを装着します。その後、ヒーリングアバットメントの先端が歯肉から露出した状態で縫合し、数週間ほど傷口の治癒を待ちます。

STEP03上部構造の装着

ヒーリングアバットメントをアバットメントに付け替えて、型取りを行います。上部構造が完成したら装着し、噛み合わせなどを調整します。
インプラント手術の回法には次のような特徴があります。

2回法の特徴
  • 1回法よりも感染症のリスクが少ない
  • 多くのケースに適用できる
  • 1回法に比べて負担が大きい

安全性の高いインプラント治療を実現する4つのポイント

インプラントは、リスクが取り除かれた状態で、正しい治療とメンテナンスを行うことで、安全性の高い治療が可能になります。当院では、治療の安全性を高めるために、次のような取り組みを行っています。

インプラントの光機能化

インプラントの光機能化

インプラント体に使われているチタンでは、時間とともに老化が進むチタンエイジングという現象が起こります。チタンエイジングが進むと、骨との結合が弱くなってしまうため、専用装置で特定の波長の光を照射する「光機能化技術」によって、インプラント体のチタンエイジングを回復させる必要があります。

コンピューターによる
治療計画の作成

コンピューターによる治療計画

インプラント手術では、顎の骨にインプラントを埋入することから、骨の状態を把握することが大変重要になります。そのため、当院では歯科用CTで撮影した3D画像をもとに、コンピューター上で綿密な治療計画を立てています。実際に埋入するインプラントを使ってシミュレーションを行い、正確なインプラントの埋入位置や角度を割り出します。

埋入手術へのガイドシステムの導入

インプラント埋入ガイドシステム

実際の埋入手術では、インプラントを正しい位置や角度に埋入するために、ガイドシステムが必要になります。シミュレーション結果をもとに作製したテンプレートと呼ばれる装具を装着し、ガイドに沿ってドリリングと埋入を行うことで、正確な位置へのインプラントの埋め入れが実現します。

インプランターを使った
正確なドリリング

インプランター

インプラント治療を失敗する原因の一つに、ドリリングの際のオーバーヒートがあげられます。ドリルの摩擦熱で骨細胞が壊死してしまうと、インプラントが結合できなくなってしまうのです。当院ではオーバーヒートを防止するために、インプランターと呼ばれる回転数や回転力の設定が可能な専用ドリルを導入しています。

インプラントMENU

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました