庄野歯科インプラントセンター

ドクターコラム

歯医者選びで重要な
5つのポイント

インプラントの歯科医院選び

ホーム > ドクターコラム > インプラントの歯科医院選び

インプラント治療を
受ける際の
歯医者の選び方

「自宅から近いから」「ずっと通っているから」「新しくてきれいだから」など、歯医者を選ぶ理由は人それぞれですが、今や歯医者の数はコンビニよりも多いと言われていることから、歯科選びにお悩みの方も多いことでしょう。特に、インプラントのような外科手術を必要とする治療を受ける場合は、信頼性の高い歯医者を選びたいものです。

そこで、今回は、インプラントの治療を受ける際に重要となるポイントについてご紹介します。どのような点に気をつけて歯医者を選ぶといいのか、また、選んではいけない歯医者の特徴などについて分かりやすく解説していきます。

歯科選びで大切な
5つのポイント

1歯科用CTを導入している

歯科用CT

一般的な歯の治療では、患者様の歯の状態を確認するために、歯や歯根の詳細を撮影するデンタルレントゲンや、顎全体を撮影するパノラマレントゲンが用いられるのに対し、インプラント治療では、顎の骨の状態を3次元的に把握する必要があるため、歯科用CTを使った術前検査が主流になっています。

さらに、CT撮影で得られた3D画像は、コンピュータ上での手術のシミュレーションを行う際にも使われることから、いまや歯科用CTはインプラント治療になくてはならない設備です。

2費用や治療計画について
分かりやすく説明してくれる

インプラント治療は基本的に自由診療のため、費用の内訳が分かりにくいと感じるかもしれません。また、担当医師から術前説明を受けたけれど、具体的な治療の内容がよく分からなかった…いう方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、患者様がよく分からないまま治療を進めるようなことは、あってはならないことです。

インプラント治療では、患者様から治療に対する合意を得る「インフォームドコンセント」は基本です。そのため、患者様の納得がいくような説明をすることも、歯科医師に求められる大切な責務だといえます。

事前に費用について
説明を受けることが大切

インプラント治療にかかる、おおよその総額を事前に確認することが大切です。「インプラント1本〇〇万円」といった、基本的(または最低限の)金額ではなく、自分が希望する治療を行った場合にいくらかかるのかを確認しましょう。
また、インプラントは術後のメンテナンスが必要になるため、メンテナンス料金も確認しておくと安心でしょう。

3インプラント治療の症例数が多い

インプラントの症例数は多ければいいというわけではありませんが、歯科医師とって臨床経験は大変重要となるため、やはり多いに越したことはありません。特に、前歯の骨の薄い部分や、骨の高さが不足しがちな上の奥歯のような難症例に対応するためには、数多くの症例を経験して必要な技術を身につける必要があるのです。

受診した歯科医院の症例数については、カウンセリングの際に担当医師に質問してみるといいでしょう。また、その際、自分と似た症例を扱っているかどうかを確認することも、治療を受ける際の安心につながります。

4衛生管理や感染対策を徹底している

2014年の国立感染研究所の調査で、歯を削るドリルの使い回しが話題になりましたが、院内感染を防ぐためには治療器具の滅菌はとても重要です。さらに、インプラント治療では、不潔域と明確に区別された清潔域での外科手術が必要となることから、オペ室の完備は欠かせません。

最近は、ホームページでさまざまな情報を紹介している医院が増えていることから、治療設備や滅菌対策についてチェックすることによって、医院の衛生管理や感染対策への姿勢が分かるはずです。

5治療後の保証がしっかりしている

インプラントを長く使い続けていると、思わぬ事故やトラブルによって、インプラン体や人工歯を破損してしまうことがあります。インプラントの再埋入ともなると、リカバリー(再治療)にかかる費用が高額になってしまいます。そのような場合、インプラントの保証システムが充実していれば、患者様の費用負担を軽減することができます。

インプラントの保証には、メーカーや歯科医院のほか、第三者機関が行っているタイプがあるため、治療を受ける前に保証内容について確認しておくことをおすすめします。

このような歯科医院には
注意が必要です

インプラント治療を受ける際、さらに知っておいていただきたいのが、受診の際に注意が必要な歯科医院の特徴です。特に、ここで紹介する条件に当てはまる歯科医院は、インプラント治療にあまりおすすめできません。

治療にかかる費用が安すぎる

インプラント治療の費用は高額なため、できるだけ安い歯科医院で治療を受けたいと思うのは当然のことです。しかし、あまりにも治療費が安すぎる場合、何らかの不当な理由がある可能性が高いため注意しましょう。費用が相場よりも安くなる理由としては、次のようなものがあげられます。

  • 信頼性が低い安価なインプラントを使っている
  • インプラントを使い回している
  • 脱落や破折時の保証がない
  • 印象採得(型取り)の際に専用の材料を使っていない

見積もりの段階で相場よりも安いと感じたら、担当医に費用の内訳をきちんと確認することも大切です。インプラント治療にかかる費用の相場については、「インプラントの費用」をお読みください。

術前検査が2次元のレントゲンのみ

インプラント手術では、インプラント体を顎の骨に埋め入れるため、歯科用CTの3D画像で顎の骨の高さや厚みのほか、神経や血管の正確な位置を把握しておく必要があります。ところが、未だにパノラマレントゲンなどで撮影した2次元画像で術前検査を行っている、という歯科医院がないというわけではありません。

虫歯の治療なら2次元の画像だけでも可能ですが、インプラント治療の検査としては限界があることから、安全なインプラント治療を受けるためには、歯科用CTを導入していることが必須条件となります。

インプラントばかり勧めてくる

インプラントは大変優れた治療法ではありますが、全ての人に最適な治療かといえば必ずしもそうではありません。患者様によっては、ブリッジや入れ歯の方が適している場合もあります。そのため、インプラントばかり勧めるのではなく、他の治療法のメリットについてもきちんと説明してくれる医院が望ましいといえます。

インプラント治療を受ける場合、まずはそれぞれの歯科治療の特徴について正しく理解しておくことが大切です。各治療のメリット・デメリットについては、「インプラント・ブリッジ・入れ歯の長所と短所」をお読みください。

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました