庄野歯科インプラントセンター

インプラントの特徴

麻酔と静脈内鎮静法の
併用が
手術への
不安を解消します

静脈内鎮静法

ホーム > 静脈内鎮静法

静脈内鎮静法による
不安のない
インプラント手術

インプラント手術では、局所麻酔によって痛みを感じることはありません。しかし、意識がはっきりしているため、怖いと感じる方は多いのではないでしょうか。また、手術のリスクとなる全身疾患をお持ちのせいで、術中の合併症への不安を抱えている方もいらっしゃることでしょう。

そのような方のインプラント手術への不安を和らげる方法として「静脈内鎮静法」があります。静脈内鎮静法は、局所麻酔と併用することによりさまざまなメリットが得られることから、当院ではインプラント手術に不安を感じている方におすすめしています。

静脈内鎮静法
とは?

点滴

静脈内鎮静法とは、歯科治療をスムーズに進めるために、薬物を使って治療に対する不安や緊張、恐怖心を抑える精神鎮静法の一つです。点滴を使って、抗不安作用や催眠作用を持つ鎮静剤を投与します。

完全に意識を消失しないのが静脈内鎮静法の特徴で、意識が朦朧とした状態が続きますが、呼びかけに反応することが可能です。さらに、血圧や心拍数の安定につながるため、インプラント手術の妨げとなる全身疾患を持つ方の安全管理にも効果があります。

歯の麻酔注射には、主に2つの痛みがあります。1つめの針を歯茎に刺す時の痛みは、表面麻酔で抑えられます。また、もう1つは麻酔薬を注入する時に起こる痛みで、これは細い注射針で一度に注入する麻酔薬の量を調整することによって、痛みを軽減することが可能です。

治療による痛みへの対策

  • 歯科治療が苦手な方
  • 長時間の治療がつらい方
  • 嘔吐反射が強い方
  • 心疾患や高血圧症などをお持ちの方

静脈内鎮静法の
メリット・デメリット

静脈内鎮静法には、優れたメリットがある一方でデメリットもあることから、十分なご理解が必要です。

静脈内鎮静法のメリット 静脈内鎮静法のデメリット
  • 治療に対する不安感や緊張感がなくなる
  • 眠っているような状態で手術が受けられる
  • 手術中の嫌な記憶を覚えていない
  • 手術時間が短く感じられる
  • 薬へのアレルギーの有無を確認する必要がある
  • 手術中の全身管理が必要
  • 覚醒するまでに時間がかかる
  • 付き添いが必要になる場合がある

当院の安全管理のための
3つの取り組み

静脈内鎮静法は、全身麻酔のように完全に意識を消失することはありませんが、全身麻酔に準じた安全管理が必要となることから、当院では、静脈内鎮静法を安全に進めるために、次のような取り組みを行っております。

1 - 手術への歯科麻酔専門医の
立会い

手術の当日は、歯科麻酔の専門医の立会いの下、インプラント治療を執り行います。

日本歯科麻酔学会の認定を受けた歯科麻酔専門医が、手術中に患者様の呼吸や心拍などを常に監視することで、安全性の高いインプラント治療を進めていきます。

2 - 生体情報モニターを
使った全身管理

インプラント埋入手術の際は、生体情報モニターによって患者様の全身を管理します。

手術中は、生体情報モニターの心電計、血圧計、体内酸素濃度計などを使って患者様の状態を確認し、何らかの異常が発生した場合、直ちに対応できるように体制を整えています。

3 - リカバリールームの設置

手術が終わってから意識がはっきりするまでの間、リカバリールームでお休みいただきます。

リカバリールームには、リクライニング可能な電動ベッドを設置しておりますので、横になってお休みになるほか、テレビを見ながらお過ごしいただくことも可能です。

静脈内鎮静法
流れ

静脈内鎮静法は手術中だけでなく、術前や術後の管理も重要です。静脈内鎮静法による手術を実施する際は、次のような流れにそって進めていきます。

1. カウンセリング・術前検査

術前のカウンセリングや検査を行う際、インプラント手術に影響を及ぼす全身疾患や薬物アレルギーの有無などについて確認させていただきます。

2. 生体情報モニターの装着

手術中の全身状態を監視するために、生体情報モニターを装着します。生体情報モニターでは、心電図や血圧のほか、酸素血中濃度などを計測します。

3. 点滴による鎮静薬の投与

点滴を使って静脈から鎮静薬の投与を始めます。数分ほどたって薬が効き始めると、頭がボーっとしてきたり、眠くなってきたりします。

4. インプラント手術の開始

鎮静剤の効果が確認されたら、局部麻酔を行ってインプラント手術をはじめます。手術中は、患者様に異常がないか生体情報モニターで監視します。

5. インプラント手術の終了

インプラントの埋入が完了したら、お声をかけて覚醒を促します。目が覚めた後、眠気やふらつきがなくなるまで、2時間ほど休憩をとってから帰宅していただきます。

静脈内鎮静法を受ける際の
注意点

当日の服装

手術の当日はできるだけ楽な服装で来院し、手術前にベルトや腕時計などを外しておいてください。女性は体を締め付ける下着や避け、指輪やネックレス、イヤリングなどのアクセサリーは外しておきましょう。また、男性はネクタイを外していただきます。

女性のお化粧や髪型について

手術中は、唇や爪の色から患者様の体調の変化を確認することから、女性の患者様は口紅やマニキュア、ジェルネイル等は落としていただく必要があります。髪の長い方は、横になった際に痛くないよう結び目を少し横にずらしてまとめておいてください。

帰宅の際にご注意いただくこと

鎮静剤の効き目がなくなったと感じても、当日の車や自転車の運転は控えてください。術後は、可能な限り付き添いの方とご一緒に帰宅するか、当院の無料送迎サービスをご利用ください。また、帰宅後は安静に過ごしていただけるようお願いしています。

当院では無料送迎サービスを実施しています


当院では、公共機関等での通院が難しい患者様には、予約時間に合わせて送迎を行っています。 ご希望の場合は、受付までお問い合わせください。

インプラントMENU

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました