庄野歯科インプラントセンター

特殊なインプラント治療

骨造成・骨再生で骨不足でも
インプラント治療が可能に

骨造成

ホーム > 骨造成

骨造成・骨再生
歯槽骨が足りない方の
インプラント治療

「骨が薄い」「骨の高さが足りない」などの理由から、他院でインプラントができないと断られた場合、骨造成や骨再生によって十分な骨量の確保が可能になります。

骨の量には個人差があるほか、部位ごとに骨の厚みや高さが異なります。また、長期間に渡って入れ歯の使用を続けたり、虫歯を抜いた後でそのまま放っておいたりすると、歯槽骨の吸収が起こって骨が痩せてしまいます。さらに、歯周病が重症化して骨吸収が進むと、インプラントを支える十分な骨量が得られないのです。

ここでは、インプラントに必要な骨量を取り戻す方法として、足りない部分に骨を増やす骨造成のほか、なくなった骨を新たに再生する治療法についてご紹介します。

GBR法(骨再生誘導法)

GBR骨再生誘導法

GBR法とは、メンブレンと呼ばれる特殊な膜で覆ったスペースの中で、骨の再生を促す治療法です。インプラントの埋入後に行うのが特徴で、骨を作りたい部分に骨補填材や自家骨を置き、歯肉などの組織が混入しないようにメンブレンを固定してから歯肉を縫合すると、5~6ヶ月ほどで骨の増生が完了します。

上顎洞挙上術
(じょうがくどうきょじょうじゅつ)

鼻の横の部分には上顎洞と呼ばれる空洞があることから、上顎の臼歯は、他の部分に比べて骨の高さが足りないため、インプラントの埋入が難しい場合があります。そのようなケースでは、上顎洞の底の部分を押し上げてから骨造成を行う「上顎洞挙上術」を行うことで、インプラントの埋入が可能になります。
上顎洞挙上術には、サイナスリフトとソケットリフトの2つの種類があります。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトとは、頬側の歯肉を切開し、骨に開けた穴から骨補填材や自家骨を補填する治療法で、一般的に広範囲に渡って骨造成が必要な場合に用いられます。骨造成の治療後、3~6ヶ月ほどでインプラントを埋め入れることができるようになります。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトとは、あらかじめドリルでインプラントを埋入する穴をあけて、そこから骨補填材や自家骨を補填する治療法です。骨造成の範囲が限定されることから身体への負担が少なく、骨造成とインプラントの埋入が同時にできるため治療期間が短縮されます。

CGFを使った再生治療

遠心分離機のイメージ

CGFとは、患者様ご自身の血液を専用の遠心分離機にかけて抽出した、「フィブリン」というゲル状のタンパク質のことです。CGFには骨や粘膜などの再生に必要な成分が含まれることから、さまざまな再生治療の分野で使われています。

インプラント治療では、骨造成の際に骨補填材に混ぜたり、メンブレンの代わりとして使ったりすることで、腫れや痛みが少なく、回復が早くなるという効果が得られます。さらに、完全自己血由来のため、安心して治療が受けられるのもCGF治療の特徴です。

骨が少なくても
インプラント治療は
可能です

これまでは、骨造成といえば「痛い」「腫れる」というイメージが強いことから、骨量不足のためインプラントを諦めていたという方は多いのではないでしょうか。しかし、近年は安全性の高いCGFの使用により、痛みや腫れが少ない骨造成が可能になりました。

インプラントは十分な骨の量がないと、埋め入れても骨結合がうまくいかずに、動揺や脱落のようなインプラントの失敗につながります。そのため、当院では歯科用CTを使って正確な骨の状態を把握し、骨量不足と判断された場合、患者様に適した骨造成をご提案しています。
骨量不足が理由でインプラント治療を諦めたという方は、ぜひ当院へご相談ください。

インプラントMENU

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました